英国ロイヤルバレエ来日2019 ROHdonq 

f:id:swanilda:20190626234825j:plain

英国ロイヤルバレエ団来日公演『ドン・キホーテ(アコスタ版)』を見たので、取り急ぎ感想です。

主な配役は下記の通り。オケはシティフィル。

 

  • キトリ:ナターリア・オシポワ
  • バジル:ワディム・ムンタギロフ
  • ドン・キホーテ:ギャリー・エイヴィス
  • サンチョ・パンサ:フィリップ・モズリー
  • ロレンツォ:クリストファー・サンダース

 

・キトリ(オシポワ)

オシポワのお陰でバレエに熱中したと言っても過言でないほど、私の中でオシポワの存在は大きいので基本的にオシポワしか見なかった。見えなかった。

もはや1幕冒頭キトリのVa.で登場しただけで感激のあまりブラボー言いそうになった。映像でしか見たことがなかった彼女が眼前に登場した感激ったら。カラヤンクライバーが登場するだけ(!)でブラボーの声が鳴り止まない映像を見たことあるけれど、今なら彼らの気持ちが分かる。

 

キトリは元来快活なキャラクターであるけれど、オシポワが演じると余計に快活さが際立つ。快活、かつクールに投げキッスしたり強気でやや男前なキトリ。

加えて3幕のVa.を何てことなく軽々しく踊る(本人にとってはそんなことないのかもしれないけど、そう見えた)し、着地時にトウシューズの音がほとんどしないあたり、相当体感が鍛えられていることが伺えた。

扇子をぱちんとしまう仕草はボリショイのコッペリア(スパニッシュダンス)で見た仕草そのまま!これが強気に見えていい。強気なキトリもコッペリアも好き!

 

 

 

f:id:swanilda:20190627002208j:plain


・バジル(ムンタギロフ)

ムンタギロフもオシポワに負けず身体能力がべらぼうに高い。あまりの身体能力の高さにムンタギロフのパフォーマンスに私の脳の処理がついて行かなかった箇所があったほど。特に3幕最後のVa.。

 

 

 

・舞台装置

舞台側面の「家」が動く!動くし人が中にはいれたり二階から顔を出せたりする。引っ越し公演をいくつか見てきたけれど、こんなに舞台装置が立派な公演は初めて。よく持ってこれたなぁと思う半面、現地ならばもっとすごい仕掛けを見られるのかもしれないと期待が膨らむ。ロンドン行きたい。

 

www.instagram.com

 

 

・振付、演出

今回初めてアコスタ版のドンキを見た。他の演出だとガマーシュはキトリに適当にあしらわれてそのまま終わるけど、アコスタ版では3幕冒頭で村娘と惹かれ合う。他の演出に比べて全員がハッピーになるところがいい。

ドンキはみんな嘘つかないし、血が流れないし(ドンキホーテが風車に突っ込んだシーンでもしかしたら流れていた、かもしれないが)ベースがハッピーな物語だから、とびきりハッピーに仕立てるの。すごくいい。またアコスタ版見たい。

 

 

 

ざっと備忘も兼ねた感想でした。

2018年 やってよかったこと

2019年明けました。本年もどうぞよろしくお願いします。(「明けましておめでとう」を言っていいのは松の日までじゃなかったっけ?と毎年もやもやしつつ、挨拶のできない人間に思われたくなくて形だけ挨拶してしまう)

2018年は卒業・就職を経る転機の一年でした。そんな1年間のやってよかったことを振り返りつつ、2019年の展望を検討します。

 

続きを読む

2018年下半期 ベストコスメ

 あっという間に過ぎた2018年。界隈の方々に倣って私もベストコスメを挙げてみます。2018年上半期ベストコスメを書いたので、なるべく重複しないように下半期中に購入したものの中からセレクトしました。

 

swanilda.hatenablog.com

続きを読む

粧うということ

 劇団雌猫『だから私はメイクする』を読んだ。

だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

 
続きを読む

バイエルン放送響来日2018 #BRSOonTour2018ASIA

f:id:swanilda:20181128222800j:plain

ウィーンフィル来日公演からちょうど一週間の11/27、バイエルン放送交響楽団(以下BRSO)来日公演を聴いてきました。

長らくBRSOとタッグを組んでいるヤンソンスが怪我で急遽降板し、メータが代打と聞けば何が何でも行かざるを得ない。大好きな指揮者が大好きなオーケストラと大好きな曲を引っ提げて来るとなれば、決して安くないチケットを喜んで支払う。文化的で最低限度の生活に必要な支出ですし(???)

続きを読む

ウィーンフィル来日2018

f:id:swanilda:20181125231540j:plain

久方振りにウィーンフィル来日公演に足を運びました。前回はドゥダメルと来日した2014年だから実に4年ぶり。

半年以上前の発売日に発売時刻と同時にチケットを手配して以来、楽しみにしてきた本公演。先に感想を言ってしまうと、大満足の演奏会でした。さすが世界一のオーケストラ、各プレイヤーのアンサンブル力が逸脱している。

 

続きを読む